スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐらちとは?クラウドファンディングとは?

 恐らくこのサイトに来ている人からすると急にぐらちの二次創作とか言われても、ぐらちって何?となっているはず。
あとクラウドファンディングも知らない人が多いと思うので。
一応説明してみる。

・ぐらちとは?
 こちらのサイトを運営している、もやしさんが作っていたRPGです。http://whitecafe.sakura.ne.jp/
 正式なタイトルはGrancielWitches!で、ぐらちは略称です。
FBSとかの武器のアイコンやらなんかもこちらで公開しているのを利用しているので、知ってる人もいるかもしれない。
ゲーム内容が知りたい人は上のリンクから確認して下さい。

 大体6年ぐらい前にぐらちの体験版が出て、自分もその頃から完成を期待して待ってたんですが、それから徐々に制作が滞っていって暗雲が立ち込み始め、最終的に規模が大きすぎて10年あっても完成しないみたいな状態になり製作を中止されました。
 遡ること、製作中止が決まる1年ぐらい前、GWに急に「ぐらちの制作が滞っているし二次創作的な事をして作者を励まそう」という謎の発想に至り、とりあえずドット絵を打ってお絵かき掲示板に投稿して、コメントで二次創作して良いですか?
 と聞いたのが新作TDをぐらちの二次創作になった経緯です。
 当時はFBSがもうちょっとで一区切り付きそうって感じで、すぐに制作に移れるかと思ったんですが思ったよりFBSの調整が長引いて(というかまだシナリオ途中だけど)、その間に製作中止になってしまいましたと言うわけです(´・@・)

 原作が開発中止したんだから、二次創作もやめれば?と言われるとそれまでだし、自分が二次創作をした所でもやしさんがやる気を出してぐらちが完成するなんて事は一切期待出来ないので当初の目的からするとなんか変だし、原作が体験版だけなので世界観やキャラクター像がそこまでつかめなかったりするしで、何で作るのって感じですが。
 せっかく打ったドット絵や、考えたゲームのアイデアを無駄にしたくないとかよりは、ぐらち遊びたかったのでそれっぽいものを自分で作って何とかしようという感じとかそんな感じなのかなぁ、自分でも良くわからないです。

 ぐらちの二次創作をしようと思った経緯は大体こんな感じですね、はい。

・クラウドファンディングとは?
 全く知らない人はWikipediaとかで調べた方が分かりやすいと思いますがちょっとだけ解説。
ネット上で不特定の人に○○したいから協力して!協力してくれたら見返りに何かするよ!
とかそんな感じですね、FBSでテストプレイヤーを募集したのもある意味クラウドファンディングと言えなくもない。

 普通にゲームを販売したり、無料で配って広告を得るのに比べてどういう利点や欠点があるかですが。
自分の考えだと
①宣伝になる
 普通にゲームを売ってる人はいっぱいいるけど、クラウドファンディングしてる人は少ないので、宣伝効果があるかもしれない。
②作る前に資金が得られる
 ゲームを作る前に資金が得られるので、赤字にならない予算を確実に立てられる。
ただ今回の規模だとイラスト頼んだけど全然売れなくて、三十万赤字とかが限界だと思うしそこまでの。

③手数料が少ない
 アップルストアやGooglePlayだと30%の手数料ですが、クラウドファンディングだと10~20%なので、中間マージンが少ない、ファンが払った金額が同じでも手元にくるお金は14~28%ぐらい変わるので案外大きい。
自分でECサイトを構築すると5%ぐらいまでは減らせるらしい。

 この辺りが利点かなと思います。事前予約みたいな形で利用する場合と、資金が集まったら無料で配るみたいなパターンで違うと思いますが。
 あと販売する場合、基本的に一人のファンが出すお金は一定ですが、クラウドファンディングだと一人で何万円も支援してくれる人が現れる可能性があったり。

デメリットは
①凄い利益が出たりしない
 先行予約みたいな形のプロジェクトなら別ですが、資金集まったら無料で配る方針だと利益は出ません
②完成しなかったら信用を失う
 有料で得る場合、開発が途中で止まっても残念だったねで終わるけど、先にお金を貰っているなら完成させないとアカン
③目標額に到達しないと0円
 こうなると色々準備したのが無駄になった感じで辛い、精神的にも自分は必要とされてないのね(泣)みたいになりそう
④支援のリターンをどう用意するか
 グラフィックを自分でやってないのでこれを用意するのに資金が必要だと本末転倒感がある
オリジナルステージを取り込みますよとか、スタッフロールのせますよとかそんなんしか出来ない

 クラウドファンディングで資金を集めるとしたら、特徴になるのはソースコードの公開になるかと思います。
資金を集める理由はイラストを人に頼むコストがどうのこうのって感じになので、やはり目標額は30万ぐらい。

・まとめ
 目標額が集まりそうならクラウドファンディングの方が今回は良さそうなので、アンケート結果がかなり怪しくならない限りクラウドファンディングすると思います。 
 あと最近やたらと文章書きまくってるのは、クラウドファンディングする場合色々原稿を書かないといけないので練習も必要的な発想もあるでよ。

PS:メールの返事はちょっと待ってて下さい。明日出す(´・@・)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

No title

ぐらちの2次創作ですというのは表立って言う必要ないと思いますよ
ぐらちは知名度も全くないですし、それの2次創作とか言われても手に取ってみたいと思いません。
2次創作を買う第一の客はたぶん原作ファンですし

日本製オリジナルタワーディフェンスとか銘打った方が受けそうな気がします。


何歳位でどの層の人を対象にするんですか?
それによってイラストの仕様や販売方法なども変わりますよね。
プロフィール

(´・@・)

Author:(´・@・)
ゲームの製作日誌です
 コメントは返事するけど、拍手コメントは返さない事があります。

メール:mr.dagonn★gmail.com
★を@に変えて下さい

twitter(更新情報をつぶやくbot)
アカウント

●公開しているゲーム
Vector作者ページ

●アンケート
FBSアンケート

TDアンケート

●バグ報告/質問/感想 掲示板
掲示板

●製作中のゲームライブラリ
SDXフレームワーク

●3DSのフレンドコード
2363-5987-4359
スマブラとかやってる

●自由ソフトウェア財団の賛助会員です
[FSF Associate Member]

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。