スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タブレレット対応大体終わり

 とりあえずSDXの方は、androidとiOSで動かす所までいった(´・@・)
これでデスクトップ用にゲーム作ればかなり簡単に移植出来る。
ライブラリをラップするより、環境設定の方が難しかった気がする。

SDXの主な残り作業は
・ジェスチャー関連の実装
・タブレット関連の配布方法のドキュメント整備
・WindowsStoreAPPの説明(SDL公式対応後でも良さそう?)
・WindowsとMacの静的リンクの方法を試す、Linuxでの確認色々(Ubuntu14.4待ち)

 重要な部分は大体実装終わったのと、自分的には後回しで良いのが多いので、ゲーム作りを進めますよ。

 一応DXライブラリのラッパーとして開発し始めたけど、SDL要素が大分濃くなってきました。
機能的にはDXライブラリ版の方が上位だけど、起動速度の差が結構あるので、自分の用途だとSDL版の方が便利かも?

 iOSでの開発を考えると、自分のmac bookが必要かなと思ってたら、mac miniってのがあるらしくこれだと5万円ぐらい。もうすぐ新型が出るそうなので、出るなら消費税が上がる前に買おうかな・・・
スポンサーサイト
プロフィール

(´・@・)

Author:(´・@・)
ゲームの製作日誌です
 コメントは返事するけど、拍手コメントは返さない事があります。

メール:mr.dagonn★gmail.com
★を@に変えて下さい

twitter(更新情報をつぶやくbot)
アカウント

●公開しているゲーム
Vector作者ページ

●アンケート
FBSアンケート

TDアンケート

●バグ報告/質問/感想 掲示板
掲示板

●製作中のゲームライブラリ
SDXフレームワーク

●3DSのフレンドコード
2363-5987-4359
スマブラとかやってる

●自由ソフトウェア財団の賛助会員です
[FSF Associate Member]

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。